1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 280 73 62 120 144 202 452 698 908 329
  ● 解説
平成27年度に一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)人数を集計しました。年齢は入院時の満年齢です。当院では、60歳以上が占める割合が全体の73.0%、そのうち80歳以上が37.8%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)  ファイルをダウンロード

◆ 内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし
手術・処置等2 なし
175 16.87 14.34 0.57 79.77
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症手術なし 86 16.1 12.6 3.49 81.29
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
73 22.63 18.3 1.37 84.71
  
  ● 解説
内科で一番目に多い症例は、肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎の治療です。2番目に多い症例は、腎臓または尿路の感染症の治療です。3番目に多い症例は、心不全の治療となっています、 いずれも平均年齢が79歳以上と高く、平均在院日数(全国)と比較しますと、やや長い入院日数となっています。
 

◆ 外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(全国)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は
悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし
37 19.97 17.41 2.7 72.27
060150xx02xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 定義副傷病 なし 31 5.03 9.48 0 35.77
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり
手術・処置等2 なし
27 12.41 13.8 3.7 77.48
  
  ● 解説
  外科で1番目に多い症例は、結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術全切除・亜全切除又は悪性腫瘍手術等です。2番目に多い症例は、虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲腫瘍を伴うもの等となっています。 3番目に多い症例は、ヘルニアの記載のない腸閉塞となっています。虫垂切除術などはクリニカルパスにより平均在院日数(全国)よりも比較的短い入院日数になっています。
 

◆ 整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 119 39.45 28.7 20.17 84.09
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし
定義副傷病 なし
41 23.83 21.52 0 73.71
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 37 3.38 5.7 0 61.51
   ● 解説
  整形外科で1番目に多い症例は、股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩・股等です。2番目に多い症例は、胸椎・腰椎以下骨折損傷となっています。3番目に多い症例は、前腕の骨折です。 特に、1番多い症例では平均年齢84歳と高齢者が多く、そのため平均在院日数(全国)と比較しますと、入院日数が長くなっています。
  

◆ 小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 74 6.09 5.72 2.7 1.34
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
43 6.35 6.17 4.65 0
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 6.97 6.31 0 5.19
   ● 解説
  小児科で1番目に多い症例は、肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎の治療です。2番目に多い症例は、妊娠期間短縮・低出産体重に関連する障害です。 3番目に多い症例は、喘息の治療となっています。いずれも平均在院日数は、全国平均並みの入院日数となっています。
 

◆ 脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし
35 23.14 18.08 14.29 76.03
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
29 27.03 15.8 6.9 78.79
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 13.39 7.52 16.67 73.89
  ● 解説
  脳神経外科で1番目に多い症例は、脳梗塞(※エダラボン点滴静注あり)の治療です。2番目に多い症例は、脳梗塞(※エダラボン点滴静注なし)の治療になります。3番目に多い症例は、 頭蓋・頭蓋内損傷となっています。いずれも平均年齢は70歳台となっており、平均在院日数(全国)と比較しますと、入院日数が長くなっています。
※ エダラボン点滴静注…脳保護剤(脳梗塞による症状の増悪を防ぐ(発症後24時間以内に投与))
 

◆ 耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 21 5 5.53 0 34.48
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 13 9.23 7.76 0 49
030428xxxxxxxx 突発性難聴 11 10.45 9.6 0 59.91
  ● 解説
  耳鼻咽喉科で1番目に多い症例は、扁桃周囲腫瘍・急性扁桃炎・急性咽頭喉頭炎の治療となっています。2番目に多い症例は、慢性副鼻腔炎の治療です。 3番目に多い症例は、突発性難聴の治療となります。いずれも平均在院日数は、ほぼ全国平均並みの入院日数となっています。
 

◆ 産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 12 11 20.87 25 28.83
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.34 - -
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし - - 6.01 - -
  ● 解説
  産婦人科で1番目に多い症例は、早産・切迫早産です。2番目に多い症例は、流産です。3番目に多い症例は妊娠中の糖尿病の治療です。1番目に多い症例は、 平均在院日数(全国)よりも比較的短い入院日数になっています。2・3番目に多い症例は、患者数が10人未満で患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
- - 15.8 - -
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
- - 19.87 - -
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし - - 12.96 - -
  ● 解説
  神経内科で1番目に多い症例は、脳梗塞です。2番目に多い症例は、免疫介在性・炎症性ニューロパチーです。3番目に多い症例は、痛風・関節の 障害になっています。いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.87 - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - 16.78 - -
- - - - - - -
  ● 解説
  眼科で1番目に多い症例は、黄斑・後極変性です。2番目に多い症例は、原田病の治療になります。いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数   ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 16 14 14 12 19 1 7
大腸癌 20 37 28 21 - 12 1 7
乳癌 12 - - - 1 7
肺癌 - - - 1 7
肝癌 - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
  ● 解説
  大腸癌・胃癌の件数が多く、次いで乳癌となっています。患者数は延べ患者数です。10症例未満は患者が特定され得るため「-」表示になっています。
ページの先頭へ戻る
成人市中肺炎の重症度別患者数等   ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度 0 23 9.7 60.39
重症度 1 41 14.41 78.85
重症度 2 67 19.51 83.69
重症度 3 48 23.38 85.38
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
  ● 解説
  成人市中肺炎診療ガイドラインの【A-DROP】という重症度分類を用いて重症度別に集計しました。誤嚥性肺炎やウイルスによる肺炎は評価の対象になっておりません。 重症度2にあたる中等度の患者さんが1番多いです。高齢になるにつれ重症度も上がり、平均在院日数も長くなっています。患者数が10人未満の箇所は、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
ページの先頭へ戻る
脳梗塞のICD10別患者数等   ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 96 31.49 78.79 15.63
その他 10 28.1 77.5 20
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
  ● 解説
  ほとんどの症例が、発症日から3日以内の脳梗塞です。平均年齢も77歳以上と高齢になっています。いずれも患者数が10人未満の箇所は、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
ページの先頭へ戻る
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)  ファイルをダウンロード

◆ 外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 63 1.16 2.05 0 69.87
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 38 7.18 20.24 7.89 77.61
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 3.95 4.41 2.7 66.7
  ● 解説
  外科で1番目に多い手術は、ヘルニアに対する手術です。手術の前日に入院し、手術後2日で退院となります。2番目に多い手術は、結腸切除術です。手術1週間前に入院し、 手術後約3週間での退院となります。3番目に多い手術は、腹腔鏡下胆嚢摘出術です。手術前4日、手術後4日程で退院となります。
 

◆ 整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 104 1.25 34.19 18.27 80.21
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 39 2.05 19.77 0 62.08
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 等 26 0.73 1.38 0 49.08
  ● 解説
  整形外科で1番目に多い手術は、骨折観血的手術(大腿)等です。患者さんの平均年齢も80歳と高く、入院の翌日に手術をし、手術後は1ヶ月超の入院となり、在院日数も長くなっています。 2番目に多い手術は、骨折観血的手術(前腕)等です。入院2日後に手術をし、約20日で退院となります。3番目に多い手術は、骨内異物除去術等です。手術の前日もしくは当日に入院し、手術の翌日には退院となります。
 

◆ 内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 23 1.09 18.35 8.7 70.87
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 11 4.36 10.45 0 68.09
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
  ● 解説
  内科で1番目に多い手術は、内視鏡的消化管止血術です。手術の前日に入院し、手術後18日で退院となります。2番目に多い手術は、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術です。手術前4日、手術後10日で退院となります。 3番目に多い手術は、胃痩造設術です。患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 10 1.3 7 0 48.6
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
  ● 解説
  耳鼻咽喉科で1番目に多い手術は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)です。手術の前日に入院して、手術後1週間で退院となります。2番目に多い手術は、鼓膜チューブ挿入術です。 3番目に多い手術は、内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)です。いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 1.86 12.29 0 77.93
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
  ● 解説
  脳神経外科で1番目に多い手術は、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。手術前2日、手術後12日の入院となります。2番目に多い手術は、胃痩造設術です。 3番目に多い手術は、穿頭脳室ドレナージ術です。いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 21 1 1.9 0 77.86
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
  ● 解説
  眼科で1番多い手術は、水晶体再建術です。手術の前日に入院し、手術後2日で退院となります。2番目に多い手術は、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)です。3番目に多い手術は、 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの)です。
いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) - - - - -
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
  ● 解説
  産婦人科で1番目に多い手術は、流産手術です。2番目に多い手術は、子宮付属器腫瘍摘出術です。3番目に多い手術は、子宮全摘術です。 いずれも患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
  ● 解説
  小児科で1番多い手術は、腹腔鏡下虫垂切除術です。患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。
 

◆ 神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
  ● 解説
  神経内科で1番多い手術は、胃痩造設術です。患者数が10人未満でしたので、患者が特定され得るため「-」で表示しています。     
ページの先頭へ戻る
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)   ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
  ● 解説
  当院では、いずれも10症例未満でした。患者が特定され得るため「-」表示になっています。
更新履歴
2016/09/28
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報の公表」を公開しました。