令和2年度 新潟県立十日町病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 94 67 64 105 105 193 471 720 931 507
・解説
 令和2年度DPC退院患者数を年齢階級別(10歳ごと)に集計した数値です。
 退院患者総数に占める60歳以上の割合が全体の約80.7%となっています。
 この高齢者割合は昨年度に比べ約3ポイントほど高くなりました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし 117 23.88 20.51 5.13% 86.40
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症-手術なし 112 19.90 13.00 3.57% 82.70
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし 60 5.35 4.94 1.67% 70.98
050070xx9900xx 頻脈性不整脈-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 51 13.59 7.09 7.84% 84.73
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)-処置2:1あり 30 15.00 14.60 0.00% 66.97
・解説
 令和2年度DPC退院患者数の上位5位までを掲載しています。
 昨年度同様、誤嚥性肺炎、腎臓または尿路の感染症が多い症例となっています。
 上位5症例すべて全国平均より当院の在院日数が長くなっております。
 2型糖尿病以外の4症例は平均年齢が70歳~80歳と高齢となっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)-手術なし-処置2:なし 18 6.06 6.13 0.00% 0.00
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 12 4.50 6.46 0.00% 9.33
010230xx99x00x てんかん-手術なし-処置2:なし-副病:なし - - 7.48 - -
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。)-副病:なし - - 10.76 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.85 - -
・解説
 令和2年度DPC退院患者数の上位5位までを掲載しています。
 妊娠期間短縮・低出産体重に係る障害、喘息が多い症例となっています。
 いずれも平均在院日数は全国平均より短くなっています。
 なお、患者数が10件未満の症例については個人情報保護のため、「-」で表記しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 80 4.06 4.86 0.00% 72.55
060150xx02xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 37 7.73 9.76 0.00% 55.00
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 27 4.89 5.44 0.00% 27.30
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 25 9.36 9.08 8.00% 77.80
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-副病:なし 18 19.17 16.19 0.00% 73.22
・解説
 令和2年度DPC退院患者数の上位5位までを掲載しています。     
 鼠径ヘルニア(15歳以上)が最も多い症例となっています。
 上位3症例において平均在院日数が、全国平均より短くなっています。
 虫垂炎以外は平均年齢が70歳以上と非常に高齢となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 134 38.39 25.09 14.93% 86.87
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし 61 23.41 18.81 9.84% 81.80
160760xx97xx0x 前腕の骨折-手術あり-副病:なし 56 5.25 5.18 0.00% 61.16
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺-手根管開放手術等 39 3.05 4.67 0.00% 70.56
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 29 25.35 23.36 0.00% 75.86
・解説
 令和2年度DPC退院患者数の上位5位までを掲載しています。
 昨年同様、股関節・大腿近位の骨折(人工骨頭挿入術)が一番多い症例となっています。
 上位2症例は平均年齢が80歳代であり、平均在院日数が全国平均より大幅に長くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 - 2.00 2.42 0.0% 36.1
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病-手術なし - 4.75 5.39 0.0% 32.4
120110xx99xxxx 子宮・子宮附属器の炎症性疾患-手術なし - 7.67 8.32 33.3% 50.3
120170x099xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週以上)-手術なし - 9.67 7.62 0.0% 29.3
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満)-手術なし - 15.67 21.68 66.7% 39.7
・解説
 令和2年度DPC退院患者数の上位5位までを掲載しています。
 上位5症例すべてにおいて、すべて患者数が10人未満でした。個人情報保護のため患者数は伏せさせていただきます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 12 41 19 - 15 1 8
大腸癌 16 37 25 42 - 13 2 9
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - 10 31 - 11 1 8
肝癌 - - - - - - 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
・解説
 5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者数を初発及び再発の分類で集計したものです。
 初発については、各がんを進行度によりⅠ期からⅣ期の4病期(ステージ)に分類しています。
 胃癌、大腸癌の件数が多く、次いで乳癌となっています。
 患者数が10人未満の症例は個人情報保護のため「-」で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 43 15.61 74.07
重症 39 18.87 84.46
超重症 - 35.33 81.00
不明 - - -
・解説
 日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドラインの重症度分類を用いて、重症度を集計したものです。
 市中肺炎とは、病院外の普段の生活の中で罹患した肺炎です。
 中等症が最も多く、重症度があがるにつれ平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 38 39.84 81.26 5.36%
その他 18 51.44 84.89 5.36%
・解説
 脳梗塞患者数を発症日から3日以内とその他に分けて集計したものです。
 平均年齢はそれぞれ81.26歳、84.89歳と高齢になっています。この数字は昨年度と概ね同様のものとなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 24 3.71 13.50 0.00% 84.04
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 16.30 38.35 5.00% 78.25
K654 内視鏡的消化管止血術 19 3.74 10.42 0.00% 74.53
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 17 3.94 2.82 5.88% 74.24
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 15 1.00 9.73 0.00% 73.93
・解説
 内視鏡的胆道ステント留置術が一番多い症例となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 58 0.98 2.17 0.00% 75.26
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 37 0.87 6.08 0.00% 55.41
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 2.09 6.85 0.00% 72.62
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 27 0.89 3.00 0.00% 27.30
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1.00 1.87 0.00% 65.65
・解説
 鼠径ヘルニア手術が一番多い症例となっています。概ね手術日の前日に入院し、手術後2日程度で退院となります。
 続いて腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)が多くなっています。上位症例は、消化器系の外科症例が占めています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 97 1.18 34.60 14.43% 86.09
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) etc. 39 0.97 1.03 0.00% 54.03
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 36 3.53 7.89 2.78% 62.75
K0811 人工骨頭挿入術(股) 35 2.23 37.86 14.29% 84.40
K0732 関節内骨折観血的手術(手) etc. 34 2.32 8.00 0.00% 66.41
・解説
 一番多い症例は、骨折観血的手術(大腿)等となっています。
 骨折観血的手術(大腿)等については平均年齢が86.09歳と高齢であるため平均術後日数も約35日と長くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) - 0.00 1.00 0.0% 36.1
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - 4.50 9.00 0.0% 30.5
K861 子宮内膜掻爬術 - 0.00 1.00 0.0% 48.0
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) - 1.00 12.00 0.0% 33.0
K911 胞状奇胎除去術 - 0.00 1.00 0.0% 41.0
・解説
 妊娠11週までの流産手術がもっとも多い症例となっております。
 上位5症例について、すべて患者数が10人未満であったため、個人情報保護のため「-」表記となっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
・解説
 当院では、いずれも10症例未満でした。個人情報保護のため「-」表示にしております。
更新履歴
2021/09/10
第1版