名古屋造形芸術大学の「やさしい美術プロジェクト」の皆さんが、本院外来棟2階の小児科外来の待合室や周辺廊下のガラス面に絵を描いてくださいました。
  当院とは、2006年の大地の芸術祭をきっかけに交流が始まり、今回、大学のご厚意により実現したものです。診察を待っている皆さんをそっと元気づけたいという やさしい気持ちを込めて描かれていますので、ぜひご覧ください。

ページの先頭へ戻る