入院のご案内

面会時間

  1.   新型コロナウイルス感染対策のため、御面会は当分の間禁止とさせていただきます。
  2.   同居のご家族様は、13:00~17:00の間にご来院いただき、洗濯物や物品の補充を行ってください。その際は、体調を確認させていただきます。
    入院されている患者様を守るため、ご理解ご協力をお願いします。
ページの先頭へ戻る

安全な医療のためのお願い

入院される皆様が安心して医療を受けられるよう、病院全体で医療安全に取り組んでいます。

患者さんの確認方法について

  1.   同姓同名など、間違いを防ぐためにお名前と・生年月日を名乗っていただきます。
  2.   患者さんに腕または足に装着していただくリス卜バンドでもご本人であることを確認いたします。
      リス卜バンドにより皮膚のかゆみ・違和感などが生じた場合は、看護師にお申し出ください。

お薬について

  1.   国の方針にそい、入院中のお薬は原則、院内で処方されます。ただし、医師の判断で普段使用中のお薬(持参薬)を使用する場合があります。
  2.   持参薬とお薬手帳を看護師にお渡しください。お薬の内容について確認いたします。
      また不明な点がある場合、その医療機関や保険調剤薬局に確認いたします。ご了承ください。
  3.   ご不明な薬については退院後、次回受診する際に病院および保険調剤薬局に相談してください。
  4.   患者さんの自己負担額に変更はありません。

転倒転落予防について

※   入院生活は、住み慣れたご自宅の生活環境や習慣と大きく異なります。店頭やベッドからの転落により大きな事故につながる場合があります。 状況により下記の対策にご協力をお願いいたします。

  1. 転落防止のため、ベッド柵を使用します。
  2. オーバーテーブルにもたれたり掴まらないでください。滑って大変危険です。
  3. 履物は普段から履きなれた靴タイプのものが安全です。(スリッパは避けてください。)
  4. ナースコールは、いつも手元におき、必要時コールをしてください。
  5. 床に水がこぼれていた場合は、直ちに職員にお知らせください。

※   万一、転倒などありましたらすぐ連絡ご相談いたします。

ページの先頭へ戻る

入院中の感染防止対策についてご協力のお願い

  当院には、感染症にかかることで重症化しやすい患者さんが多く入院されています。患者さん、ご家族、面会の方は、次の事項についてご協力をお願いいたします。

 ~ お願い事項 ~ 

  1. 手洗いについて
      病室に入るときや出るとき・食事前・排泄後など、こまめに手洗いや手指のアルコール消毒を行いましょう。
  2. マスクについて
      熱や咳などがある場合、マスクの装着(マスクの購入)をお願いします。
  3. 面会について
      熱や咳、下痢のある方など感染症の疑いのある方、家族や身近な人に感染症の方がいる方、感染症の流行地域にお住まいの方は、面会は控えていただくようお願いします。
      食べ物の持ち込みはご遠慮ください。
      感染症の広がりを防止するために、面会制限をお願いする場合があります。
  4. 面会制限時の対策について
      お伝えしたいことがある時は、こちらから連絡いたします。お聞きになりたいことがある時は病棟にご連絡ください。
      感染症のある洗濯物の取り扱いが不明な場合は、担当看護師にお尋ねください。
  5. ベッド周囲について
      ベッドの周囲は整理整頓をして、入院時の持ち物は最小限にしましょう。病室の床は不衛生なため、物を床に置かないでください。
  6. 外出・外泊について
      不要不急の外出・外泊はお控えください。やむを得ず外出・外泊される場合は、必要時マスクを着用し、こまめな手洗いを行い、家族以外の方との接触を控えてください。
  7. 職員感染対策として
      職員は、防護具(マスク・手袋・エプロン・ゴーグルなど)を装着する場合があります。
ページの先頭へ戻る

入院当日までに準備いただくこと

入院の手続きについて

  1.   必要書類を必ず入院当日に入院受付窓口①に提出してください。緊急入院の場合で、書類記載が間に合わない場合は、できるだけ早めに提出をお願いいたします。
  2.   入院時の必要書類は、次のものがあります。あらかじめご準備いただき、入院当曰に、アについては入院する病棟看護師、 イ~オについては1階受付の「①入院受付」窓口に提出してください。
      ア 入院予診表
      イ 入院申込書(身元引受書・連帯保証書)
      ウ 保険証(労災の場合は、療養の給付請求書 〈様式第5号〉)
      エ 受給者証・資格証(子ども、県障、ひとり親、特定疾患等)
      オ 3ヶ月以内の退院証明書
  3. 入院期間中の駐車場への駐車はご遠慮ください。
    (車を自宅に移動できないときは病棟の看護師にご相談ください。)
  4.   交通事故によるけがの場合はお申し出ください。また、労災が適用されることの多い仕事中のけが、通勤途上のけがについてもお申し出ください。
  5.   特別室をご希望の方は、入院予約時にお申し出ください。なお、特別室使用料金は別途、新潟県の定める基準により計算し、請求されます。
      また、既に特別室が満室になっている場合などご希望に添えない場合もあります。

準備する物品について

  肌着、内履き(できるだけズック)、寝衣、洗面用具(ボディーシャンプー、シャンプー、リンス、歯磨きセット、プラスチックコップ、口腔ケア用品、入れ歯用ケース・洗浄剤、男性は電気シェーバー、他) タオル、バスタオル、ティッシュペーパー、など
  上記は民間の業者と契約していただくことにより、ご自宅からの持参が不要となるサービスをご用意しております。

  1.   現在服用されているお薬とお薬手帳をお持ちください。
  2.   手術を予定されている方の準備品は別途看護師より詳しい説明をいたします。
  3.   病院は多くの人が出入りするため、盗難が発生しやすいところです。多額の現金や貴重品は持ち込まないでください。もし盗難にあわれても、当院は責任を負いかねます。

※ 危険物(タバコ、ライター、はさみ、ナイフ等)は持ち込まないでください。

ページの先頭へ戻る

入院中の治療、生活について

入院中の治療について

  •   入院時には、必ず手術や治療についての説明があり、「入院診療計画書」をお渡しいたします。 入院中に不安な点、わからない点がありましたら、遠慮なく医師や看護師にお尋ねください。
  •   検温、その他決められた処置は、病棟で説明いたします。
  •   薬は、医師の指示により飲んでいただきます。
      必要に応じて、薬剤師による服薬指導を行っています。又、※) 他の医療施設から頂いたお薬をお飲みの方は、入院時に看護師にお渡しください。
  •   大部屋・個室は病状により医師が決めます。また、特別室は有料となりますが、希望の方は看護師にお申し出ください。
  •   栄養指導も必要に応じ、受けていただきます。

※)入院中に他の医療施設への受診や内服処方は 原則できません。担当医師又は看護師に必らずご相談ください。(保険の関係で困難となっています。)

入院生活の過ごし方について

  •   日課(起床・食事・消灯)は次のようになっております。
          • 起床 午前6時    • 朝食 午前7時30分    • 昼食 正午
          • 夕食 午後6時    • 消灯 午後9時
  •   シーツ交換は、週1回です。
  •   入浴は医師の許可が必要です。入浴時間は看護師が説明いたします。
  •   イヤホンは外来診療棟1階の売店で販売しています。
  •   緊急の場合を除き、電話による「呼出」「伝言」はご遠慮ください。
  •   携帯電話は、他の患者さんに迷惑にならないよう、「携帯電話使用可能」な場所で、ご利用ください。
  •   パソコン等、電気製品を使用希望の方は、看護師にお申し出ください。

付き添いについて

  •   症状、その他の事情によりご家族の方が付き添いを希望されるときは「家族付き添い許可証」が必要となります。詳しくは看護師にご相談ください。
  •   付添人の寝具をご希望の方は、有料となりますので看護師にお申し出ください。

食事について

  •   症状に応じた献立により、適時適温の食事を提供しています。
  •   一部の患者さんを対象に朝食の選択メニューを実施しています。選択メニューを選ばれた場合、1食につき20円の実費をお支払いただきます。詳しくは看護師にお聞きください。

洗濯について

  •   各フロアに洗濯機と乾燥機が設置してありますので、カードでご利用ください。

面会について

  • 現在、面会を原則禁止しています。
  •   面会時間は午後1時~午後8時です。それ以外の時間は、患者さんが治療や処置を受けたり、休養したりしている時間です。面会時間を必ずお守りください。
  •   面会前に面会票に御名前の記入をお願いします。
  •   面会場所はデイルームをご利用ください。
  •   面会は他の入院患者さんの迷惑にならないように、静かに短時間で済ませてください。
  •   小さなお子様連れの面会は、感染のおそれもありますのでご遠慮ください。
  •   入院中の面会を希望されない場合は、看護師に申し出てください。

※ 感染症が流行している場合、ホームページを確認の上、おいでください。面会制限をしている場合があります。

外出・外泊について

  •   外出・外泊を希望されるときは、医師の許可が必要となります。
  •   許可を得られた方は、「外泊・外出 許可願・許可書」の記入が必要となりますので、看護師にお申し出ください。
  •   外出・外泊中で予定時間に帰院できないときは、必ず病棟看護師へ連絡してください。なお、外出・外泊中の事故などには十分気をつけてください。

非常時の際は

  •   地震や火災等非常事態が生じたときは、医師、看護師その他病院職員の指示に従ってください。
  •   非常口、非常階段は入院時に説明いたしますので必ず場所をご確認ください。
  •   非常時はエレベーターを絶対に使用しないでください。

診断書・証明書について

  •   診断書・証明書をご希望の方は、外来診療棟1階受付の「①文書受付」窓口で受付してください。(受付時間は平日8:30〜17:00です)なお、書類により日時を要することがあります。
  •   入院証明書等については、退院時にお申し込みください。

保険証などの確認について

  •   毎月1回(月初めに)保険証、資格証の確認をさせていただきます。外来診療棟1階受付の「①入院受付」窓口に提出してください。
  •   入院中に保険証などに変更があった場合は、外来診療棟1階受付の「①入院受付」窓口まで、早めにご連絡ください。

入院の費用について

  •   入院中の費用は、健康保険法の規定により算定いたします。
  •   特別室使用料、付添者の寝具料、証明書料金、小児病衣使用料などの料金は、新潟県の定める額により計算いたします。
  •   入院中に月をまたいだ場合の費用は、前月末までの分を計算し、翌月15日頃に請求書をお渡しします。納期限までに外来診療棟1階の「⑥お支払窓口」 または新潟県病院局出納取扱金融機関でお支払いください。
  •   退院されるときの費用は、「退院に際して」をご参照ください。
  •   入院費の支払額(歴月で一力月あたり)は、高額療養費制度を使うと、保険が適用されない診療や食事の自己負担分等を除き、年齢や所得に応じて計算した一定の額に抑えることができます (くわしくは別刷りのチラシをご覧ください)。ただし、70歳未満の方がこの制度を使うためには、あらかじめ「限度額認定証」の交付を受け、窓口に提示していただく必要があります。 保険者(国民健康保険の方は市役所等、社会保険や健康保険組合の方は「協会けんぽ」または勤務先等)へ申請し、限度額適用認定証の交付を受け、窓口に提示してください。 なお、この制度は申請した月の初日から適用になります。前月にさかのぼった適用は原則できませんので、 ご注意ください。
  •   「標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、一定の範囲で食事代などを減額できる場合があります。月末もしくは退院曰までに、外来診療棟1階の受付「①入院受付」窓口へ「標準負担額減額認定証」を提出してください。
  •   会計窓口のご案内
          平日  8:30〜19:00
          土日祝 8:30〜17:00

患者サポートセンターのご案内

  皆さまに安心して療養生活を送っていただくために、患者様ご家族様の不安や心配事について相談窓口を設けております。
  様々な問題について、医療相談員(ソーシャルワーカー)・メディエーターによる相談を行っていますので、病院職員にお申し出ください。
  相談内容につきましては、秘密を厳守いたします。

病院内の施設・設備について

  1.   病院内には次の施設・設備がありますので、ご利用ください。
      ア 売店(外来診療棟1階)
        営業時間 (月〜土) 7 :30〜20 :00 
             (日・祝) 定休日
      イ 公衆電話
        外来診療棟1階正面玄関にあります。
      ウ 郵便ポス卜は、外来棟1階受付のとなりにあります。
      エ 自動販売機は、外来棟1階受付のとなり及び各階談話室にあります。
      オ 洗濯機・乾燥機 各フロアにあります。ご利用の際は、力―ドを購入してください。
  2.   カード販売機は各フロアエレベーターホールにあり、テレビと洗濯機に対応します。
  3.   カード精算機は1回外来棟再来受付機横、4階エレベーターホールにあります。

喫煙等について

  1.   当院は、禁酒、禁煙(建物内及び敷地内)となっています。
ページの先頭へ戻る

退院に際して

  1. 入院費用の支払いについて
ページの先頭へ戻る