看護部のご案内

外来

  内科・外科・整形外科など10科の一般診療科に加えて、歯科口腔外科・化学療法室・内視鏡室があります。
また、救急外来では昼夜を問わず救急車を受け入れています。
  外来には4名の糖尿病療養指導士と1名のがん化学療法認定看護師がおり専門知識を持って指導を行っています。 また感染対策の重要性から外来患者さんの検温や問診などの体制を強化しました。
  私たちは地域から信頼を得られるよう、また、安心して受診していただける外来でありたいと日々頑張っています。

ページの先頭へ戻る

東3病棟

  東3階病棟は外科と内科の混合病棟で、周術期・内科疾患・緩和ケア等急性期から慢性期まで多岐にわたる看護を行っています。入退院が激しいうえ、緊急手術や緊急検査なども多く多忙な毎日ですが、 忙しくても、安心・安全を第一に日々頑張っています。 患者さん一人ひとりと向き合い、今必要な看護を提供できるように情報共有に力を入れ、一日も早く、家庭や職場に復帰していただけるよう多職種とも協働しながらチーム一丸となって取り組んでいます。
  また、がん疼痛緩和看護や皮膚・排泄ケア認定看護師の2人も在籍しており、新しい知識を学びながらケアに活かせていることも当病棟の強みです。
  日々の業務ではPNSを取り入れ、新人看護師もスケジュールに沿って指導を受けながら、ペアナースと協力し合い成長できる環境を整えています。
  今年度は、コロナ禍により面会制限を余儀なくされている患者さんやご家族の絆づくりとして、お手紙の交換のお手伝いをさせていただいています。そんな優しいスタッフ沢山いる素敵な病棟です。

ページの先頭へ戻る

東4病棟

  当病棟は、小児科、産婦人科、内科、歯科口腔外科の混合病棟であり、産声から人生の終焉まで対象者が広く、様々な経験ができる病棟です。
  看護スタッフは、それぞれの専門家である医師やコメジカルと共に、多様な対象者、様々な疾患にも対応できるよう日々研鑽を重ねています。
  産科には、新たにLDRを2室設け、産婦さんに寄り添い、安心安全な出産をサポートできる体制を整えました。痛みに耐えながら、陣痛室から分娩室へ移動するといった負担なく、 リラックスして過ごせるシステムです。また、小児科では在宅で常時医療管理が必要な児の、レスパイト入院の対応も始めています。このように当病棟では、患者様に寄り添い、 地域のニーズに対応していく新しい取り組みを行っています。

ページの先頭へ戻る

西4病棟

  西4病棟は、整形外科と内科の混合病棟です。主に整形外科の手術・リハビリ目的で入院する方がほとんどです。 急な怪我や骨折で動けなかった患者さんが手術・治療が進むにつれ元気になっていく姿を見ることができます。
  現在26名の看護師のほか、看護助手や事務員全員で患者さんのケアを行っています。毎日のように緊急入院や手術があるため、業務量は多いですが、スタッフ同士で協力しながら笑顔で働いています。 また、多職種と連携し、退院後の生活を見据えた看護を行なっています。
  近年は高齢者が寝たきりになる原因のひとつである大腿骨近位部骨折患者への関り(リエゾンサービス)に院内多職種で取り組んでおり病棟でも活動を進めています。 どうぞ一緒にここではたらきましょう。

ページの先頭へ戻る

東5病棟

  東5病棟は地域包括ケア病棟です。急性期の治療を経過し病状が安定した患者さんに対して自宅や介護施設への退院準備を整えるための退院支援を目的とした病棟です。
  主治医をはじめ看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者(ケースワーカーなど)が連携して患者さんやご家族の意向を確認しながら退院後の生活を踏まえた支援を行います。
  当病棟のスタッフは認知症対応能力の向上を常に心がけ、抑制具を使用しない縛らない看護を提供できるよう病棟全体で取り組んでいます。
  患者さんの笑顔が多く見られとても明るくやりがいのある病棟です。急性期の緊急入院が多く、対応できるように学習会を定期的に開催し内科、脳外科の知識の向上に努めています。 また、安全で気持ちの良い看護が提供できるよう、日勤パートナー制をとっています。

ページの先頭へ戻る

西6階病棟

  当病棟は、内科急性期治療の必要な方から回復期、がん化学療法や緩和ケアの必要な患者さんが入院しています。
  呼吸循環管理を要する患者さんの急性期看護はもとより、あらゆる患者さんに、早期退院をめざした退院支援を行っています。
  急性期、重症患者の看護についての計画的な学習会を開催し、知識・技術の向上に努めています。新しい治療や器具機械についての学習会も随時行っています。 また、安全で気持ちの良い看護が提供できるよう、日勤パートナー制をとっています。
  患者さん、ご家族の思いや希望を大切にした看護を目指し、他職種との連携を積極的に図り毎日のカンファレンスで情報共有しながら日々看護しています。患者さんは高齢であり、 一人暮らしの方や老々介護、また認知症を伴う方も多く、退院支援・調整も複雑化していますが、主治医、リハビリスタッフ、患者サポートセンター、栄養士、薬剤師とともに連携をとりながら、 安心して退院できるよう支援を行っています。
  毎日忙しい病棟ですが、スタッフ同士のコミュニケーションが良くチームワークの取れたやりがいのある病棟です。

ページの先頭へ戻る

手術室

  新病院に移転し、明るくきれいな手術室になりました。
  手術室は4部屋あり、スタッフは看護師長を含む14名です。外科、整形外科、産婦人科、口腔外科の手術を行っており、医師やコメディカルとのチームワークも良く、 緊急手術にも24時間365日迅速に対応しています。
  患者さんに安全・安心な看護を提供できるよう、術前術後訪問に力を入れています。手術室に入ってからの様子を説明することで、未知の不安を少しでも和らげ、手術に臨めるように支援しています。

ページの先頭へ戻る